Moto Z3 Play(XT1929)のリーク・認証情報まとめ

Moto Zシリーズの2018年モデル「Moto Z3 Play」に関するリーク情報、および各国の認証機関から得られる情報などをまとめました。なお、本記事の内容は2018年4月2日時点のものです。

「Moto Z3 Play」のリーク情報


“OnLeaks”として知られ精度の高いリーク情報を数多く送り出してきたSteve Hemmerstoffer氏が、Moto Z3 Playの3Dレンダリング画像および360°から同3Dモデルを確認できる動画を、インドの情報サイト「Killer Features」で公開しています。

Moto Zシリーズは背面に拡張モジュール「Moto Mods」を取り付けられるのが最大の特徴である以上、筐体に大きな変更を加えることはできないものかと思われていましたが、レンダリング画像を見る限り、指紋センサーを前面から右側面に移動させることでフットプリントを変えずに従来の16:9よりも縦に長いディスプレイを収めたようです。左側面にも何らかのキーが追加されているのが確認できるので、指紋センサーと電源キーは一体ではないかもしれませんね。

また、背面のデザインにも変更が見られ、カメラ周りには昨年の「Moto X4」のような独特のパターンが入っています。背面下部にあるMoto Mods接続用のピンは従来のMoto Zシリーズのものとは異なる形状となっていますが、デザイン上の処理が変わっただけなのか、機能的にも何らかの拡張があるのかは気になるところです。

Source: Killer Features

「Moto Z3 Play」の認証情報

FCC


4月2日現在、「XT1929」とされる機種のうち5モデルが米FCCの認証を受けています。各モデルの概要は以下の通りです。

(凡例:FCC ID / 仕向地 / シングルSIMまたはデュアルSIM / LTEバンド)

・XT1929-1:IHDT56XE2 / 北米(Verizon) / シングルSIM
 LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/13/20/28/66

・XT1929-4:IHDT56XE1 / 北米 / シングルSIM
 LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/12/13/14/17/18/19/20/25/26/28/29/30/38/40/41/66/71

・XT1929-5:IHDT56XE5 / ブラジル / デュアルSIM
 LTE Band 1/3/5/7/28

・XT1929-6:IHDT56XE4 / 中南米 / シングルSIMまたはデュアルSIM
 LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/28/66

・XT1929-8:IHDT56XE3 / 欧州・APAC / シングルSIMまたはデュアルSIM
 LTE Band 1/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28/38/40/41

北米モデルが対応バンド的にほぼ全部入りとも言える最強仕様、というのは近年のMotorolaスマートフォンとしてはかなり珍しいケースですね。Verizon向けの型番が通常の北米モデルと独立しているあたり、昨年は動きがなかったVerizonの独自ブランド「DROID」シリーズの復活にも期待したいところです。


XT1929-5(IHDT56XE5)の認証情報のうち、SAR値の測定に関する資料を見るとXT1929が「Moto Z3 Play」であることが分かります。


また、同資料中にある端末内のアンテナ配置を示した図からは端末のサイズも確認でき、156.23 × 76.7mmと現行のZ2 Playとほぼ変わらないようです。このことは、本体サイズはそのままでディスプレイを縦方向に拡大、という先のレンダリング画像から読み取れる仕様とも一致していますね。


このほかにFCCの資料から判明した仕様としては、SoCはQualcommの「Snapdragon 636」を搭載。RAMは4GB、ROMは32GBまたは64GBで仕向地によって異なります。

Source: FCC

EEC


ユーラシア経済委員会(EEC)のデータベースにも、2018年3月29日付けで「Moto Z3 Play」と見られる端末が登録されています。

登録されている型番は「XT1929-8」。こちらから得られる新情報はありませんが、FCCの資料にある通り、枝番8が欧州・APAC向けモデルであることの裏付けとなっています。

Source: EEC

まとめ

リーク情報や認証情報から見えてきた「Moto Z3 Play」の姿としては、スペック的には従来の路線を踏襲しつつ順当に1年分スペックアップ、デザインは他の2018年モデルと同様に「Moto X4」に近いものに変更され、18:9前後の縦長ディスプレイを採用しているといったところでしょうか。また新たな情報が見つかり次第お伝えします。

この記事をシェアする