「Moto Z2 Play(XT1710-09)」でau系SIMを使う方法

Motorolaの日本向けSIMフリー機がau網のSIMに正式対応したのは「Moto G5S Plus」以降ですが、それ以前の数機種でもβ版として提供されていたVoLTE機能を有効にすることで非公式に使用できるものがあります。VoLTE β機能が提供されているうちの1機種である「Moto Z2 Play」を購入したので、実際に試してみました。


なお、本記事はVoLTE β機能の動作を保証するものではありません。以下、端末はMoto Z2 Playの日本版(XT1710-09, retapac)、SIMはUQ mobileのデータSIMを用いて検証しました。


この方法で使用できるau網のSIMは、PLMNが440-51のいわゆるVoLTE SIMのみです。音声契約の有無やau本家のSIMかMVNOのSIMかなどは問いませんが、CDMA2000の利用できるSIM(440-50のSIM)では以下の作業を行っても通信できません。

設定方法


まずはVoLTE β機能を有効にしていない状態でUQ mobileのSIMカードを入れて動作確認。
このままではネットワークの自動選択・手動選択を問わず接続できません。

Moto Z/Moto Z Play/Moto G5/Moto G5 Plusでdocomo・auのVoLTEを使う方法(ベータ版)


少し古い記事で申し訳ないのですが、上記の記事にあるMoto Z / Moto Z Play / Moto G5 / Moto G5 PlusでVoLTE β機能を利用する方法と手順は同じです。


まず電話アプリを開き、「*#*#86583#*#*」とダイアルします。


入力完了と同時に、一瞬ですが「利用可能なVoLTEのベータ機能」と表示されればOK。


続いて設定画面を開くと、モバイルネットワーク設定の中に「4G LTE拡張モード」という項目が追加されているはずです。


こちらを有効にすれば準備は完了。
後は再起動して、通常通りAPN設定をすれば通信できるようになります。


VoLTE β機能を有効にしている間は、アンテナピクトの横に受話器のマークが表示されます。

まとめ

Z2 Play以外にもいくつかの機種で使える「VoLTE β機能」という知る人ぞ知るテクニック。
あくまで”β版”なので自己責任の上で利用すべきものではありますが、au網で通信できるようにしたい場合だけでなく、ドコモ網のSIMでVoLTEを利用したい場合にもぜひ。

この記事をシェアする