Moto Zシリーズで撮った写真をプリントできる「Polaroid Insta-Share Printer」発表

15日、「Polaroid Insta-Share Printer」というMoto Modsが新たに発表されました。



「Polaroid Insta-Share Printer」は、Moto Zシリーズの背面に取り付けて写真をプリントできる追加モジュールです。
インスタントカメラで有名なPolaroidのブランドを冠した製品で、用紙も同社のZINK Paperを使用するとのことなので供給には困らないでしょう。


スマートフォンで撮った写真をインスタントカメラのようにすぐにプリントできる、という製品は過去にもいくつか登場していて、日本でも販売されていた物で言えばLGの「Pocket Photo」などがあります。

既存製品と比べた「Polaroid Insta-Share Printer」のメリットとしては、無線接続ではないのでよりシンプルに使えること、なおかつ装着したままカメラが利用できる構造になっているので撮影からプリントまでの流れがスムーズといったところでしょうか。


写真撮影後に本領を発揮するModsではありますが、もう1つの機能として側面にシャッターキーが付いていて撮影中にも役立つようになっています。
プリンター部分の厚みがあるので特に本体の薄いMoto Zなどではグリップを増す効果も期待できるかもしれません。撮影中から付けておいても悪くなさそうな仕様ですね。

米国での価格は$199.99で、現時点では日本での発売はアナウンスされていません。

Source: 公式サイト(US)

この記事をシェアする