「Moto G5S」「Moto G5S Plus」と見られる2機種が技適取得

Motorola製スマートフォン「XT1797」「XT1805」が日本の技術基準適合証明を取得したことが分かりました。

「Moto G5S」「Moto G5S Plus」について


この2つの型番はそれぞれ、「Moto G5S」「Moto G5S Plus」の2機種にあたります。

日本でも好評発売中の「Moto G5/Moto G5 Plus」のスペシャルエディションとして8月に発表された機種で、画面サイズの拡大や筐体デザインの変更、Plusのみデュアルカメラの搭載などが主な差異となっています。

機種についての詳細は以下の記事をあわせてご覧ください。

「Moto G5S/Moto G5S Plus」発表。Plusはデュアルカメラに

「XT1797」「XT1805」が認証通過

今回、技術基準適合証明の取得が確認されたのは「XT1797」と「XT1805」の2モデルです。


まず「XT1797」は6月20日付けで認証を取得されています。


「XT1797」は米FCCの認証も通過しており、FCC IDはIHDT56WJ2です。
「Moto G5S」のAPAC地域向けモデルであることが知られています。



もう1機種の「XT1805」は6月13日に認証通過しています。


こちらもFCC認証通過済みで、FCC IDはIHDT56WH4。
「Moto G5S Plus」のEMEA/APAC地域向けモデルです。

「XT1803」と同じ対応バンド、共通のFCC IDとなっており、おそらくそれぞれシングルSIM版/デュアルSIM版の2型番なのではないかと思います。日本の認証を通過している「XT1805」がどちらなのか気になるところですが、これまでの例からすればやはりデュアルSIM版でしょうか?

まとめ


スペックの近いMoto G5シリーズが既に発売されている中での登場なので評価は未知数ですが、G5Sシリーズも日本発売の可能性が出てきたのは嬉しいですね。

G5S Plusに関しては順当に行けば国内では初登場のMotorolaのデュアルカメラ端末になるでしょうし、既存機種との価格差次第では温かく迎えられるかもしれません。
また続報があり次第お伝えいたします。

Source: 総務省(1), 総務省(2), FCC

この記事をシェアする