「Moto X4」のAndroid One版と思われる画像がリーク

先日発表された「Moto X4」ですが、少々変わったモデルの存在を思わせるリーク画像が出てきています。

「Android One」版のMoto X4?


9日、Evan Blass氏がTwitterに投稿した画像がこちら。

一見すると特に変わったところはない”Super Black”のMoto X4の画像ですが、下部には「Android One」のロゴが入っています。


既に発表されているMoto X4の通常モデルにはもちろんこのような表記はなく、また各メディアのハンズオン記事・動画を見る限りソフトウェアにも他の現行のMotorolaスマートフォンと大きく異なる部分は見受けられません。

通常版とは別に「Android One」準拠のモデルが用意されていると見るのが自然なところでしょうか。

通常版との差別化、存在意義は?

現時点では「Moto X4にはAndroid One版もあるらしい」という以上のことは分かりませんが、やはり気になるのは通常モデルとあえてこのような形で作り分けている理由です。

Motorolaスマートフォンは通常版でも独自機能はあれど比較的AOSPに近いUIで、この2種類を作り分けることで大きくUXが変わってくるとは言いにくいです。
Android Oneの肝であるアップデートについてもMotorolaスマートフォンのアップデートが他メーカーと比べて際立って少ない・遅いというようなことはないと感じますし、あえて「Android One」にこだわるメリットはあまり見えてきません。

同じ土俵で通常の「Moto X4」とAndroid One版の「Moto X4」を平行して売るとは考えにくいというのが私見です。


ここで頭をよぎるのが、あくまで予測の域を出ませんがMoto X4の正式発表以前から噂されているGoogleの「Project Fi」から発売されるのではないかという話です。

「Project Fi」の対応端末はこれまで「Pixel」と「Nexus」シリーズのみとなっており、仮にそこに「Moto X4」が初めて加わるのであればメーカー色を排除したPure Androidの”Android One”仕様であることを要件として提示されていても不自然ではないように思います。

もしかすると、「Project Fiから発売されるかも?」という噂と「Android One版Moto X4がある」という2つの話は関係があるのかもしれません。


Project Fi限定なのであれば日本からの入手は難しいと思いますが、もし他の目的で用意されているモデルなのであれば、是非はともかくとしてMotorola初のAndroid Oneスマートフォンがどのような物か個人的には触れてみたいです。真相が気になるモデルですね。

Source: VentureBeat

この記事をシェアする