Moto Z2 Forceに関するリーク情報

2017年Motoのフラッグシップモデルとなる「Moto Z2 Force」の発表も目前となり、スペックなど詳細なリーク情報が揃ってきています。

デザインについて

外観については度々リークされており、いずれもほぼ一致します。デザインはこれで確定と見て良いでしょう。

基本的にはこれまでのMoto Zシリーズと同様、前面に指紋センサーを備えた薄型のボディで、背面はZ2 Playのように金属素材になっていると見られ外側にアンテナラインが一周しています。

Z2 Playの背面パネルはサンドブラスト加工でしたがForceはヘアラインが入っており、また、リアカメラが2基になっています。

スペックについて

Thinner Moto Z2 Force loses over 20% battery capacity; U.S. version has worst specs


20日にVentureBeatで書かれたEvan Blass氏による記事で、スペックについての情報も詳しく書かれています。

SoCは順当にSnapdragon 835を搭載、ディスプレイは先代と同様に5.5インチWQHD(2560×1440)の有機ELで、”Force”を名乗る機種ではお馴染みの「Shattershield」構造となっています。

背面カメラは12MP×2、バッテリーは2730mAh。出荷時のOSはAndroid 7.1.1を予定。


ここまではモデル・仕向地問わず同様の仕様ですが、RAM/ROMについては例によっていくつかのバリエーションがあるようです。

ROMは最大で128GBのモデルが用意されます。
RAMは6GBまたは4GB。米国版は4GBと見られるとのこと。

ラインナップ・販売地域について


前モデルにあたる昨年の「Moto Z Force」は、米Verizon向けの「Moto Z Force Droid Edition」のみの発売で終わってしまい、米国以外のMotoファンにとっては最上位機種を入手できないもどかしい状態となっていました。

以前の記事でもお伝えしましたが、今年の「Moto Z2 Force」は米国の他キャリアやあるいは他地域での販売も予想されています。

(流出していないのがおかしいというのもおかしな話なのですが)無印「Moto Z2」の情報が不自然なまでにほぼ出ておらず、あくまで予想ですが「Moto Z2 Force」は「Moto Z」「Moto Z Force」の両機種を統合した後継機になるのではないか、というのが私見です。

米Verizon版「Moto Z2 Play」予約開始。伝統のDROIDブランドは無し


商品展開に関する話で言えば、先日お伝えしたように「Moto Z2 Play」ではVerizon版が”DROID”ブランドではなく通常の製品としての発売になっていました。
Forceはどうなるのかというのも気になるところですね。このまま”DROID”の名は消滅してしまうのでしょうか?

いつ発表?

発表日については1ヶ月以上前から度々予想されてきました。
廉価版のZ2 Playが先行して発表されている状況で、フラッグシップ不在のまま時が流れるのはあまり好ましくないのでそろそろ出てきて欲しいところですね。


現時点で予想されている発表タイミングとしては、7/25にニューヨークで開催予定のイベントがあります。

上のティザー画像を見ると「Moto Shattershield」を思わせる内容で、それを備えた未発表機種となるとZ2 Forceが発表される可能性が濃厚です。

Source:VentureBeat, Phone Arena

この記事をシェアする