Moto 2017年モデルの一覧画像がリーク。Z/X/G/E/Cの5シリーズ展開?

「Moto X4」のリークに続き、今度は2017年モデルのラインナップが分かる画像がリークされました。

Moto Z/X/G/E/Cシリーズの幅広いラインナップ


写真の様子からすると、先日リークされたMoto X4の動画と同じ説明会場で撮影されたものでしょうか。

ハイエンドから廉価機までの多くの機種が簡単な特徴の説明とともに並べられており、今年のラインナップの全体像を示したものかと思われます。

既にリークされているZ/X/E/Cの4シリーズの最新機種のほかに、Moto Gシリーズも現行のG5/G5 Plusとは異なる機種が並んでいますね。
9機種すべてが未発表機種という凄まじいリーク画像です。

各シリーズについて読み取れること

Moto Z2シリーズ

・Moto Z2 Force
まずは「ShatterShield」。歴代の”Force”モデルにも採用されてきたもので、強化構造の衝撃に強いディスプレイですね。
次に「mods」。Moto Mods対応はMoto Zシリーズとしては予想通りでしょう。
そして「1Gb LTE」となると噂通りSnapdragon 835を搭載している可能性は高そうです。

Z2 Force自体の話ではありませんが、表に「Moto Z2」は無いのが気になります。もしかすると今年はForceを国際展開してそちらに統合するのでしょうか?

・Moto Z2 Play
5.5インチのフルHDディスプレイ搭載とのこと。先代と変わらない順当な内容。こちらもMoto Mods対応です。

1つ気になるのが、今年は「Z」の下に「X」があります。
「Moto Mods対応機種としての廉価版」にあたるMoto Z2 Playと、「Moto Mods非対応機種の最上位モデル」にあたるMoto X4はどちらが価格・スペック的に上に位置付けられるのでしょうね。

Moto X4

Xシリーズは1機種で、2015年モデルのような「Style」「Play」といったバリエーション展開はありません。

まず、5.2インチのフルHDディスプレイです。
近年のMotoの上位機種は、X Style/PlayにしてもZシリーズにしても大画面化が進んでいましたから、お手頃サイズの上位機種の復活を望んでいた方には待望の機種でしょう。
Moto X 2ndユーザーとして私も嬉しいです。

次に「3D Glass」。なんとも判断に迷う表現ではあります。
先日のリーク動画を見る限り、Galaxyシリーズなどのようなディスプレイ部分までカーブがかかっているような構造には見えませんでした。
Moto X4は背面もガラスのようなのでそちらがカーブしていることを指しているのかもしれません。

最後に「SmartCam」とあります。これがどのような機能を意味しているのかは不明です。
背面カメラが2つあるようなので、それに関連した機能でしょうか?

Moto G5Sシリーズ

・Moto G5S
「5.2″ FHD」なので、5.0インチのG5から若干拡大されている様子。
フルメタルボディです。

Plusにも言えることですが、G5/G5 Plusが発売されてまだそう経っていないのにマイナーチェンジ版が予定されているのには若干違和感を覚えます。
通常のナンバリングの端末ではないようですし…そこまでするほどの何か大きな変化があるのでしょうか?

・Moto G5S Plus
これまでの例に従って「Plus」としましたが、表の中ではこの機種だけ「+」なのでもしかするとそちらが正解かもしれませんね。

こちらは5.5インチ。やはりG5 plusより若干大きくなっています。
同じくフルメタルボディで、こちらはデュアルカメラ搭載です。

端末画像とこれらの特徴からすると、「Moto X4」がリークされる前に「Moto X4(2017)」と題してしばしば画像・スペックなどがリークされていた未発表端末はこの機種ではないかと思います。

Moto E4シリーズ

・Moto E4 Plus
「Moto E3 Power」のような位置付けの、大容量バッテリーを搭載するモデルです。

5.5インチHDディスプレイ、バッテリーは5000mAhとのこと。
既にFCCの認証情報で存在が発覚しているXT1773と一致しますね。

・Moto E4
ノーマルの「Moto E4」は5インチHDディスプレイで、Plusとはサイズが異なります。
2.5Dガラス採用とのこと。その隣に書かれている「FPS」とは何のことでしょう?(思い当たるものがもしあればコメントください)

Moto Cシリーズ

・Moto C Plus
初登場の「Moto C」シリーズです。
上位モデルのPlusは5インチHDディスプレイで4000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

・Moto C
無印「Moto C」は5インチFWVGAのディスプレイを搭載。かなり安い機種の予感がしますね。
最後の行は残念ながら読み取れません。

まとめ

(一部は上下が入れ替わるかもしれませんが)ざっくりまとめると「Moto Z2 Force>Moto Z2 Play>Moto X4>Moto G5S Plus>Moto G5>Moto E4 Plus>Moto E4>Moto C Plus>Moto C」というラインナップで、よく言えば上から下まで隙のないラインナップと言えるでしょう。
Moto Mods対応機種が無事2周目に入ること、「X」が復活することはうれしいですね。

どの機種がいつ出てくるかは分かりませんが、まだ発売されたばかりの「G5/G5 Plus」も併売されることが多々ありそうに思えますし、あまりにも機種数が多すぎる印象を受けました。
こうして情報を追っているからこそなんとなくイメージが湧くものの、実際に購入する人から見れば何を買えばいいのか分からないのではないでしょうか(特に低価格帯)。

果たして吉と出るか凶と出るか、今後が楽しみな情報ではあります。

Source:Twitter, FCCID.io

この記事をシェアする