Moto C/Moto C Plusに関するリーク情報

Moto Eより安価なラインになると思われる新シリーズ「Moto C/Moto C Plus」の情報がリークされ始めています。


(※本記事は正式発表された内容ではないため、実際の仕様とは相違がある可能性があります。新たな情報があり次第追記します)

外観について


先日お伝えした、Motorola公式の動画に写っていた白い端末がMoto Cのようです。
Moto E4と見られる端末も写っていましたし、あの映像は大サービスでしたね。


VentureBeatにて@evleaksでお馴染みのEvan Blass氏が書かれている記事によれば、ブラック、ホワイト、レッド、ゴールドの4色があるようです。

G5やE4に近いデザインですが、指紋センサーがなく画面下にタッチキーが搭載されていることや背面のスピーカーのデザインなど目新しい印象も受けます。

スペックについて

先述のVentureBeatの記事によれば、Moto CシリーズのバリエーションはMoto C Plus,Moto C(4G),Moto C(3G)の3種類に分けられます。

いずれもMediaTek製のSoCを搭載しており、Moto Cの3G版は32bitの1.3GHzクアッドコアCPU、4G版は64bitの1.1GHzクアッドコアCPU、Moto C Plusは64bitの1.3GHzクアッドコアCPUとスペックに差があります。

5.0インチの画面サイズは共通で、Moto Cは854×480(FWVGA)、Moto C Plusは1280×720(HD)。

RAMはMoto Cが1GB、Moto C Plusは1GB/2GB。
ROMはMoto Cが8GB/16GB、Moto C Plusは16GB。
バッテリー容量はMoto Cが2,350mAh、Moto C Plusは4,000mAh。

メインカメラはMoto Cが500万画素、Moto C Plusは800万画素。Moto Cの3G版に関してはAF機能のない固定焦点だそうです。
インカメラは200万画素で共通です。

抜粋すると以上のようなスペックで伝えられています。


この内容から考えると、インドネシアのP3DNの認証情報に現れているXT1755にかなり近い内容だと感じます。

XT1755に関しては「Moto E4」のスペックとして報じているところも多いのですが、Evan氏によるMoto Cのリーク情報と比較すると以下のような共通点があります。

・認証情報にあるMT6737mのスペック
・画面サイズと解像度
・バッテリー容量(若干差がありますが)
・カメラ

RAMが1~4GBとMoto Cの構成としては報じられていないバリエーションも含んで認証通過しているのでなんとも言えませんが、XT1755がMoto Cであってもおかしくない内容ではあると感じます。
あるいはMoto CとMoto E4が酷似した構成の機種なのか…また新しいことが分かり次第追記します。

この記事をシェアする