Moto X 2ndのMotorolaロゴを交換する

Moto X 2ndの修理記録です。
今回はMotorolaロゴを新品に交換する作業を行いました。


※端末の分解やユーザーによる修理はメーカーの保証対象外となる行為であり、本記事はこれを推奨するものではありません。また、本記事の内容を参考にされた場合の損害などについて当方は一切の責任を負いません。

今回の作業内容


ロゴあるいはエンブレム、背面のカメラの下に付いている「M」マークの部分を交換します。

奥まっていて傷などは入りにくい部分ですし、色を変えて遊ぶとしても滅多にバラで売りに出ているのは見ないパーツです。あまり需要のない修理記録かも…?

例ではXT1092を使用していますが、他型番のMoto X 2ndでも同様の手順です。また、リアカバーの交換とまとめて作業した関係で使い回しの画像も一部ありますがご了承ください。

使用した道具


・SIMピン
・T3トルクスドライバー
・ピック

本記事では使用していませんが、細かい調整が必要になる場合があるので加えてピンセットの用意があっても良いと思います。

ピックは両面テープで固定されている所を剥がすために使います。不要なテレホンカードやポイントカード(プラスチック製のもの)でも代用可能です。

作業の記録

1.SIMトレイを外す


まずSIMカードトレイを抜きます。通常の使用時と同様に、SIMピンを差し込んでトレイを取り外すだけです。

2.リアカバーを外す


1番でSIMトレイを外した後の空洞に、斜めにSIMピンを差せるような小さな穴が空いています(上写真の方向)。
ここにSIMピンを差し込むと、リアカバーが浮き少し隙間ができます。


できた隙間にピックやテレホンカードなど薄いものを差し込み、そのまま本体の周りを一周引いていきましょう。
テープを剥がし終えるとリアカバーが外れます。

3.ロゴなどを外す


まずロゴの周りに3ヶ所のネジがあり、これをT3トルクスドライバーで外します。

すると銀色の薄い枠のようなパーツが外せるのですが、初めて外す場合ここには粘着テープも使われているのでピックなどを隙間に入れて剥がしましょう。
かなり柔らかいパーツなので力の入れすぎには注意!


その下のロゴ部分も粘着テープで固定されているので、同じくピックなどを使います。


ロゴ、リング、押さえ金具の3点が取り外せたら、交換したい部品を入れ替えて元に戻して行きます。

4.ロゴなどを取り付ける

基本的に3番で外した3つのパーツを元の順番に重ね、ネジで留め直すだけです。

推奨はしませんが、この部分のテープに関しては上からネジ留めするので無くても組み立てることは可能です。
ただし、その分厚みが減るのでリアカバーとロゴの間に段差が出来やすくなってしまいます。


銀色の金具は取り外しの際に曲がりやすいのですが、歪んでいるとリアカバーが浮く原因になるので取り付ける前に確認し、必要があれば整えておきましょう。
また、ネジを強く締めすぎても同様にこの金具が歪むので様子を見ながら締めたほうが良さそうですね。

5.リアカバーを取り付ける


リアカバーを貼ります。問題なくロゴの交換が出来ていればスムーズに位置を合わせることができると思います。

6.完成!


取り外すだけなら簡単ですが、取り付けは少々面倒。用がなければ開けないことをおすすめしたい部位です。
以上で完成です、お疲れ様でした!

この記事をシェアする