Moto X 2ndのリアカバーを交換する

Moto X 2ndの修理記録です。
今回はリアカバーを新品に交換する作業を行いました。


※端末の分解やユーザーによる修理はメーカーの保証対象外となる行為であり、本記事はこれを推奨するものではありません。また、本記事の内容を参考にされた場合の損害などについて当方は一切の責任を負いません。

今回の作業内容


Moto X 2ndのリアカバーはユーザーによる交換を前提としていませんが、容易に取り外せるパーツです。
竹、木、革など豊富なリアカバーが存在するこの機種。汚れてしまった・割れてしまった場合の補修に限らず、気軽にスタイルを変えて楽しむのも一興ではないでしょうか。

例ではXT1092を使用していますが、他型番のMoto X 2ndでも同様の手順です。

使用した道具


・SIMピン
・ピック

ピックは両面テープで固定されている所を剥がすために使います。不要なテレホンカードやポイントカード(プラスチック製のもの)でも代用可能です。

作業の記録

1.SIMトレイを外す


まずSIMカードトレイを抜きます。通常の使用時と同様に、SIMピンを差し込んでトレイを取り外すだけです。

2.SIMピンを使ってリアカバーを浮かせる


1番でSIMトレイを外した後の空洞に、斜めにSIMピンを差せるような小さな穴が空いています(上写真の方向)。
ここにSIMピンを差し込むと、リアカバーが浮き少し隙間ができるはずです。

3.ピックなどを隙間に入れ、テープを剥がす

2番の作業でできた隙間にピックやテレホンカードなど薄いものを差し込み、そのまま本体の周りを一周引いていきましょう。


リアカバーを貼り付けているテープが完全に剥がれるまで続ければ、リアカバーの取り外しは完了です。

4.新しいリアカバーを貼り付ける

続いて新しいリアカバーを着けます。
もし古いテープが本体に残っている部分があるとリアカバーが浮いてしまう可能性があるので、綺麗に剥がしておきましょう。


今回はテープが予め付いている状態のリアカバーを用意しましたが、購入ルートによって、または以前使っていたリアカバーを着ける場合などはテープを用意する必要があります。

貼り方は簡単で、カメラやMotorolaロゴの部分、フレームなどを利用して位置を合わせると良いでしょう。
この部分はあまりマージンを取らない設計になっているので大きくずれることはありません。

5.完成!


これで完成です。「剥がして、貼る」というだけの作業なので難易度は低いでしょう。

何も知らない状態だと剥がし始めるのに都合の良い部分が見当たらないので迷いますが、SIMスロットの中に仕掛けがあることだけ覚えておけば迷わず開けられます。

この記事をシェアする