【Android 7.0】「Moto G4 Plus(XT1642)」のアップデート後に変化した部分を厳選紹介!

日本国内で発売されているMoto G4 Plus XT1642ですが、海外版より遅れを取ってAndroid 7.0 Nougatへとアップデートされました。

MarshmallowからNougatへアップデートしたことによって追加された機能や、Motorola独自の新しい機能もいくつか追加されましたので、変化した点を中心にご紹介します。

ブートアニメーションが刷新

OTAによるアップデートで再起動した直後、すぐにブートアニメーションが変わっていることに気づきました。それと同時に、爆音のサウンドが鳴り響きます。出先でアップデートしていたので、電車内ではなく良かったですが、思わずビックリしました。

それはさておき、カラフルで派手なアニメーションになりました。動画も撮ってみましたので、気になる方は是非ご覧くださいね。

「スワイプして画面縮小」機能(片手モード)が追加

最近のスマートフォンでは当たり前のように見かけますが、いわゆる片手モードが追加されました。Motoアプリより「Actions -> スワイプして画面縮小」をオンにします。元に戻したいときは画面外をタップするか、スリープ状態にしたり画面回転させることで戻せるようです。

これまでより捗るマルチタスク

Android 7.0になったことで、これまでよりもマルチタスクが充実しています。

スムーズなタスク切替

こちらはAndroid 7.0の新機能になりますが、タスクキーをダブルタップすると、直前に開いていたアプリに切り替えることができます。

2つのアプリを同時に使用

これまでSamsungが展開するGalaxyシリーズのスマートフォン等では当たり前のように実装されていたマルチウィンドウ機能ですが、Android 7.0 Nougatでは標準サポートしています。このようにネットサーフィンをしながらSNSを楽しむこともできます。

指紋センサーにタッチでスリープ/スリープ復帰

Moto Z系のラインナップでは既に実装されていたようですが、今回のOSアップデートによってMoto G4 Plusでも使用できるようになりました。操作感は上記の動画の通りですが、毎回電源キーを押さなくともスリープ/スリープ復帰できるのは思いのほか快適です。

設定 -> セキュリティを開き、画面ロック右横の歯車マークをタップすると、「指紋センサーで電話機をロックできます」という項目があります。動画からもわかるように、0.5秒ほどで素早くロックできるので、ぜひ試してみてください!


いがかでしたでしょうか。これらの他にも、Android 7.0では省電力機能が強化されていたり、UI/UXでも使い勝手が変更されています。大画面のMoto G4 Plusだからこそ、マルチタスクが捗るようになったのは嬉しいところ。

より一層使いやすくなったMoto G4 Plus。今後もしばらくはアップデートが保証されているようなので、がっつり使い込んでいこうと思います。

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

Moto G4 Plusを愛用しています。ドコモと0SIMを併用中、デュアルSIM便利です!!