MWC 2017にて「Moto G5」「Moto G5 Plus」発表

MWC 2017にて、ミドルレンジの新機種「Moto G5」「Moto G5 Plus」の2機種が正式発表されました。

Moto G5


「Moto G5」は5.0インチフルHDのディスプレイを搭載するスマートフォン。
SoCはSnapdragon 430で、2GBまたは3GBのRAMを搭載します。

最近の機種では珍しく、取り外し可能な2800mAhのバッテリーを搭載しています。
メタルボディとのことなので少々意外ですね。

RAM 2GB/ROM 16GBのモデルで€199からとのこと。

Moto G5 Plus


「Moto G5 Plus」は5.2インチフルHDのディスプレイを搭載するスマートフォン。
SoCはSnapdragon 625で、2GB/3GB/4GBのRAMを搭載します。

外観はそっくりですが、こちらは取り外し不可で3000mAhのバッテリーを搭載。
また、5.2インチと一回り大きな画面サイズとなっているものの、本体サイズはほとんど変わりません。似ているようでかなり設計の違う2機種なのかもしれませんね。

RAM 3GB/ROM 16GBのモデルで€279とのこと。

まとめ

本体デザインは大きく変わったものの、特段目新しい機能などはなく順当なスペックアップといった印象です。

G4/G4 Plus同様に撥水コーティング止まりで、2年前の3rdのような防水性能は今年も無しというのは買い替え時期を考えると惜しい気がします。
PlusでないG5にも指紋センサーが付いたのは良いですね。

Source:公式サイト(UK)

この記事をシェアする